英語で自己紹介

ネイティブはどんなことが知りたいの? (その1)

自己紹介と一口にいっても日本とアメリカなどの英語圏の国では、ニュアンスが違います。
日本で自己紹介といったら半分ん挨拶みたいなもので、あまり深く立ち入って聞こうとはしませんもんね。

その点英語圏ネイティブの人々は、びっくりするくらい私達の自己紹介の内容に興味しんしんです。
(だからこそこうやって自己紹介の準備をする価値もあるってもんです。)

おそらく歴史を積み上げていく中で、「自分が何者か」をはっきりと
させることが重要な意味をもっていたのだと思います。

さて、では本題ですが、英語で自己紹介をする際にネイディブさん達が何をききたいかについて私の経験にそってお話しますね。


★出身地の話をするのは基本

基本的に自己紹介ですから、名前や職業についての説明・紹介は誰でもすると思います。

問題はその後ですが、ネイティブの人たちは私達の出身地の話に、私達が想像する以上に興味があります。

おそらく、日本がこれだけメジャーな国になってきたとはいえ、やはり東京・京都・大阪といった都市以外彼らにとってはまだまだ日本は未知の国なのです。

どんな風な流れになるかというと、例えばあなたが山梨出身だったとしますね。(私がそうなので)

するとあちらさんとしては必ず「その町は日本のどこにあるの?」ときいてきます。
私の経験からいうと、だいたい75%位の確率でそうなります。

このときに自分の出身地の紹介ができると非常にいいです。

基本的にはみんな東京が首都なのは知っていますから、

・山梨は東京から電車で1時間半くらい位で

Yamanashi is about hour and a half east of Tokyo by train

・人口は大体東京の10%位
(正確にはもっと少ないですが、若干アバウトでも問題ないです)

Population is only 10% of Tokyo, so it is quiet city.

・ブドウやなしの特産地なんだ。フランスのブルゴーニュみたいなところかな。
(いいすぎですが、、、)

Peaple make Grapes and Pear , so it's like Burgundy in France.




といった感じ。
ポイントとしては、何かを基準にして数字を使って比較してあげると
彼らはとても理解しやすいようです。
多分文化的に、数字で比較するのが好きなんでしょうね。

人口が●●と一緒とか。

日本に関する数字を少し覚えておくと、会話のタネになるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたら英語で自己紹介できるようになる??

思っているよりカンタンなことです。

「たくさんあるパターンのなかから自分にあった表現を覚えてしまえばいいのです。」

英語に限ったことではなく、語学とは最初そういうものです。
日本語の場合を考えてみても、自己紹介のパターンは
そう多くはないはずです。

現在、英語の自己紹介の表現をまとめている本も見られる
ようになりました。一冊手元において、自分にあう表現を
見つけて、覚えてしまいましょう!!

当サイトでも、良書と思えるものをご紹介しています。

また、当サイトでも例文をご紹介していますから
「明日英語で自己紹介しなきゃいけないんだ!」

とせっぱつまった方でも大丈夫ですよ!

みなさんが英語で自己紹介をできるようになって、
英語に自信を持ち、やがて大きなチャンスをつかむことを
応援しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で自己紹介できることの重要性

当サイト管理者である私も数年前までニューヨークに住んでいました。
といっても英語がペラペラな状態で行ったわけではないので
英語には大変苦労しました。。

とりわけニューヨークという場所は新たな人との出会いが
多い街です。それこそがニューヨークの魅力なわけですが。

そんななか、「英語で自己紹介ができる」ということは非常に
重要なことでした。

私も最初は初めて会うアメリカ人の前ではひらすらタジタジして
しまいました。。。
しかし、自分の可能性を広げるためにと友達や英語の先生に
手伝ってもらって英語の自己紹介の練習をしました。

勉強してみてわかったのは

「英語での自己紹介は用意もなしにスラっとでるものではない」

ということです。

しかし逆をいうと

「事前に用意さえしておけば必ずできる」

のです。

英語でも日本語でも、「自分が何者なのかを説明できる」ということは
とても大切なことです。

面と向かっての自己紹介でも、メールや手紙での自己紹介でも。

英語で自己紹介ができるだけでも随分自信がつくものです。

「もう少し英語を勉強しておけばよかった」

と思っているあなたも、絶対に絶対にまだ遅くありません!

まずは英語で自己紹介ができるようにしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)